哲学しよう

大切なもの

自分にとって何が大切なのか

 

【語源】

重要または急を要することやもの。

「大いに迫る」「切迫する」を語源とする和製漢語。

当初の意味は「急を要する」。

後にこれが転じて「重要な」。

さらにそこから派生して「愛しい」。

 

長く生きていても、意外に気づかないもの

でも、ないからこそ気づくものでもある

 

わたしにとっては娘の存在

単身赴任となって、娘の存在に強く想いが至る

 

手紙を送ったら「パパから手紙が来た!」

100回くらい読み直してくれたこと

 

単身赴任先に遊びにきたときに、

「パパに見せるんだ!」

そうやって練習してきたダンスを披露してくれたこと

 

気丈に振舞ってても「パパが居ないと寂しい」

そうつぶやきながら静かに目を伏せたこと

 

何が大切なのか

 

日常の中の幸せを

噛み締めていきたい

 

こちらを読んで哲学したことを記載いたしました。

素敵な文章に触れることができて。

わたしはとても幸せです。ありがとうございます。

母子家庭の息子の目線で語る。想い。当たり前のことが当たり前でない。

小学校~大学の学生時代、父親がいないことに不自由に思うこともありませんでした。今思えば夫婦揃った家庭と遜色がないくらいにサポートをしてくれていたからだと思います。 しかし就職して営業という職種に就くことで、今までは学校の友人・年の近い先輩に囲まれた生活から、年長者の多い場所や年配の取引先の社長などとも話さないといけない機会が一気に増えました。よくよく考えると、 ...

-哲学しよう

Copyright© 1日後が楽しくワクワクするブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.