哲学しよう

世界を規定するのはいつも自分

私たちはこの世界をどう見ているのか?

 

例えば、ここにある一つの「りんご」。

 

食べ物と思えば、食べ物にしか見えない。

だけど。

 

  • インテリアになるかもしれない
  • ボール遊びができるかもしれない
  • お風呂に入れると楽しいかもしれない
  • 友だちになるかもしれない
  • 誰かと分かち合うことができるかもしれない
  • 平和のシンボルになるかもしれない

 

私たちが、ここにある「りんご」を、食べ物と思った瞬間、

そのりんごは「食べ物としてのりんご」として規定される。

 

世界は無限の可能性に満ち溢れている。

その世界をどう見るのかは自分次第。

世界を規定するのは、いつも自分。

 

わたしたちは、世界を「自分の意識」のフィルターを通してしか見れない。

もし、あるがままの世界を、あるがままに見ることができれば。

私たちには言葉や思考は不要になるのかもしれない。

 

世界をどう規定していくのか。

人の数だけ世界がある。

世界を見つけること。

それが生きる目的にもなる。

 

 

こちらを読んで哲学したことを記載いたしました。

素敵な文章に触れることができて。

わたしはとても幸せです。ありがとうございます。

null

ヨシタケさんの「りんごかも知れない」を私風に説明するとしたら?これしか思い浮かばないなぁ。「無限の可能性」を教えてくれる本。りんごは飢えや乾きを癒やしてくれるだけだなく、ひょっとしたらボールや、友達になったり、アートになったり、細く切って乾かせば紐にもなるかも知れない。 https://t.co/zW6KS7bQql

-哲学しよう

Copyright© ポジティブ40|あなたの可能性は無限大! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.