わたしの執筆術

【わたしの執筆術】人物についての考え方

現在、Kindle本を執筆しています。

執筆しながら、どんな手法でわたしがKindle本を

仕上げているのか各論ごとに少しずつアップしていきます。

 

Kindle本出版に興味がある方、ブログなどでのアウトプット活動を

している方の参考になればと思います。

 

なお、すべてわたし流の自己流のため、

創作論の一つの考え方として捉えてもらえればと思います。

 

今回は「人物についての考え方」です。

 

作品に登場する人物についてです。

現在、人物は登場していません。

 

読者の方に向けて、わたし自身が考察したこと、経験したことを連ねています。

こういうスタイルをとっているのは、3つ理由があります。

  1. リアルである
  2. 失敗したことがある
  3. 書きやすい

 

1.リアルである

わたし自身の考察や、わたし自身の体験は、リアルです。

虚構ではないリアルというものは、読者に訴えかけるものが必ずあります。

本に迫力を生む効果があります。

 

2.失敗したことがある

かつて、登場人物を創作しての本を作りかけたことがあります。

noteに一部を開示ししました。が、殆ど評価がありませんでした。

わたし自身がもっと名が売れるまでは封印しようと思ってます。

noteで読めますので、良ければ読んでみてください。⇒リンク

 

3.書きやすい

自分の考察や体験は何より書きやすいです。

うーんうーんと唸って書くより、サクサクっと書いた方が筆にも勢いが出てきます。

自分自身の精神状態を保つためにも、書きやすいということは大切な要素だと思います。

 

 

Kindle本作家として駆け出しのわたしとしては、人物を創作する段階はまだ先ですね。

今回は、「人物についての考え方」についての、わたしの執筆術でした。

 

Twitterや質問箱でご質問を頂ければ、執筆術について答えていきたいと思います。

これから発信しようと考えている方は、発信の魅力について伝えている

私の本をご一読いただけると、発信への価値観が変わると思います。

 

Kindle本作家さん同士で繋がっていきましょう!

-わたしの執筆術

Copyright© 1日後が楽しくワクワクするブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.