わたしの執筆術

【わたしの執筆術】テーマ選び

現在、Kindle本を執筆しています。

執筆しながら、どんな手法でわたしがKindle本を

仕上げているのか各論ごとに少しずつアップしていきます。

 

Kindle本出版に興味がある方、ブログなどでのアウトプット活動を

している方の参考になればと思います。

 

なお、すべてわたし流の自己流のため、

創作論の一つの考え方として捉えてもらえればと思います。

 

今回は「テーマ選び」です。

 

まず、「テーマ」って何?ということですが、日本語で言うと「主題」です。

 

「テーマパーク」の例がわかりやすいです。

 

「あるテーマ(主題)に基づいて、

施設やアトラクションが作られている場所」がテーマパークです。

 

作者が訴えたいこと、その作品を書きたい動機につながるものです。

 

「テーマ」は自分が常に考えていること、頭の中を巡っていることを選んでいます。

 

現在執筆中のKindle本のテーマは「親が愚かだと、子どもが悲しむ」というものです。

 

わたしが訴えたいことは「親が愚かだと、子どもが悲しむよ。

だから、子どもを悲しませないように親が変わろうよ」ということなのです。

 

もちろん、本は読み手が自由に解釈して良いので、訴えたいことが伝わるとは限りません。

ですが、作者の訴えたいことが明確でないと、なかなか執筆が進みません。

 

だから、テーマは、わたしがいま一番関心を持っているものにしています。

今回は、テーマ選びについての、わたしの執筆術でした。

 

Twitterや質問箱でご質問を頂ければ、執筆術について答えていきたいと思います。

これから発信しようと考えている方は、発信の魅力について伝えている

私の本をご一読いただけると、発信への価値観が変わると思います。

 

Kindle本作家さん同士で繋がっていきましょう!

-わたしの執筆術

Copyright© 1日後が楽しくワクワクするブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.